わかりやすい!車検の比較6サイト

HOME > 車検について > 車検ってなんのためにするものなの

車検ってなんのためにするものなの

はじめて車検を受ける方は、「そもそも車検ってなに?」「何のために受けるものなの?」「受けないでいるとどうなるの?」という疑問があるでしょう。
高い費用がかかるので検査しないでいいなら受けたくはないですよね。
でも、車検を受けていない自動車を運転すると厳しい罰則を受けることになるため必ず受けましょう。
そもそも車検は「自動車検査登録制度」といいます。
新車購入時は3年後に1回、その後は2年毎に1回受ける自動車の検査です。
自動車の点検と整備を行い、自賠責保険の更新を行います。
自動車所有者への義務であり、車検を受けていない自動車では走行できません。
無車検車で公道を走行した場合は違反点数(6点)、免許停止処分(30日間)、6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が科せられます。


もし、こうした検査義務がなければ自動車の故障が発生し、大事故に繋がる可能性もあります。
そうしたリスクを防ぐために行われるのが車検なのです。
また、車検と同時に自賠責保険の加入や更新を行うため、車検を通していない自動車は自賠責保険にも加入していないことになります。
自賠責保険は強制加入の自動車保険です。
事故により被害者が傷を負った、障害が残った、死亡した場合に最低限の補償を行うための損害保険です。
無保険車で公道を走行した場合は違反点数(6点)、免許停止処分(30日間)、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられます。
また、無車検車との罰則が併用されるので、違反点数(12点)、免許停止処分(90日)、1年6か月以下の懲役もしくは80万円以下の罰金が科せられることになるでしょう。


車検はディーラー、民間自動車工場、フランチャイズ車検工場、ガソリンスタンドなどで行っています。
事前に予約を取り、予約時間に自動車を持ち込み検査を受けます。
早くて2時間程度、場合によっては数日かかることもあります。
自動車にトラブルがない限りは即日引き取りできるでしょう。
早く終わるならその場で待つこともできますが、時間がかかる場合は代車を借りることもできます。
フロントガラスに貼られているシールに車検期間が記載されているので、この期間までに検査を受けましょう。
正確な有効期限を知るには車検証の「有効期間の満了する日」を確認してください。
車検は有効期限の1ヶ月前から受けることができます。
予約は3か月ほど前から取ることができ、早期の予約によって割り引きを受けることもできます。

カテゴリー