わかりやすい!車検の比較6サイト

HOME > 車検について > 車検の費用はどういう基準で変わるのか

車検の費用はどういう基準で変わるのか

車検費用の相場は軽自動車で5万円~8万円、普通車は6万円~10万円(総重量により異なる)とされています。
2年毎に1回の検査ですが、毎回この金額の出費を考えると負担は決して軽いものではありません。
車検の費用内訳は「検査費用」と「法定費用」からなります。
検査費用は自動車の点検・検査・整備のことで、車検を受ける工場によって変わります。
また、自動車にトラブルがあり修理や整備が必要な場合は追加の整備費用がかかることもあります。
法定費用は重量税・自賠責保険料・印紙代のことで、どこで車検を受けても車種によって一律です。
例えば、軽自動車の場合の法定費用は35000円と一律ですが、検査費用は工場によって1万円~5万円ほどで設定されているため、工場ごとに大きな差があります。


車検費用を削減しようと考えるのなら、安く車検を受けられる工場を選ぶしかありません。
車検を受けられる工場には大別してディーラー、フランチャイズ車検、ガソリンスタンド、カー用品販売店、民間車検工場があります。
一般的に検査の内容と費用は比例するとされており、ディーラーはメーカーの専門知識があり、事細かに検査をすることから検査費用は高くなっています。
対して他の工場は車検に通す最低限の検査をするため、比較的検査費用は安く設定されています。
費用で選ぶのならディーラーは候補から外れるでしょう。
安さで選ぶなら色んな工場を比較できますが、工場によって整備の腕には違いがあるので、よく検討する必要はあります。
検査プランが充実している専門性という点から、一般的にはフランチャイズ車検を選択される方が多くなっているようです。


車検は工場によっては割り引きが受けられることもあります。
割引サービスは車検を専門に行う工場に多く、新規割り引きやリピーター割り引きは割と多く見かけます。
また、早期予約割引、インターネット予約割引、障害者割り引きなどもあります。
基本的な検査費用を比較することも大切ですが、こうしたサービスを利用することで1000円~5000円程度安く済ませることができるでしょう。
また、見積もりを取ってから選ぶという方法もあり、一括見積もりを利用すれば一度の申込みで複数社から見積もりが取れます。
HP上では車種ごとの費用しか確認できませんが、見積もりなら愛車の条件での車検費用が分かるので効率よく費用比較ができます。
ただし、営業電話の対応のデメリットもあるのでよく考えてから利用するようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー