わかりやすい!車検の比較6サイト

HOME > 車検について > 車検の費用はどの位かかるのか把握する

車検の費用はどの位かかるのか把握する

車検とは、自動車検査登録制度といい自動車を使用する際に保安基準にきちんと適合しているかどうか確認する為に検査を行うことです。
自動車の所有者を公証に登録をする制度です。
自動車を運転する際に必ず付帯する自動車車検証があります。
自動車車検証には有効期限があります。
期限が切れる前に更新します。
自動車は期限有効な自動車検査証の交付を受けなけばなりません。
自動車を所有している人は必ず受けなければならない制度です。
忙しくて車検を受けるのをうっかり忘れてしまうと車検着切れとして行政処分や刑事処分を受けることになります。
車検が切れているということは自賠責保険も切れていることになりますので、無車検車運転と無保険車運転と両方の違反が取られてしまいます。
車の内側のフロントガラス部分に車検シールが貼られていますので確認します。


車検にかかる費用は依頼する業者によって金額が大きく異なる場合があります。
大きく分けると法定費用と車検基本料になります。
法定費用の部分はどこに依頼しても同じ費用がかかります。
一方車検基本料は車検を受けるために必要な点検を受けます。
点検料と整備料、必要であればメンテナンス料が必要となります。
この部分は依頼する業者によって料金設定が異なります。
一般的にはディーラーで受けると基本料が高くなりますので合計金額も当然ですが高くなります。
なるべく安く済ませたい人は、ディーラー以外で格安で点検、整備を行っている業者を探してみると良いです。
インターネットを活用するとどこの業者が安いか把握することが出来ます。
整備や部品交換が必要だった場合、輸入車などでは、逆にディーラーの方が安く済む場合もありますので、見積もりを確認して依頼すると安心です。


ディーラー車検というと高額なイメージがあり敬遠しがちですが、高い技術提供と保証期間を設けていますので、充実したサービスが受けられます。
何よりも部品交換の際の在庫がしっかりと確保されていますので短期間で対応可能です。
整備に対しては高いレベルの技術と保証期間を総合的に考えると、意外とお得感があります。
民間の業者に依頼する場合は、元々安めの値段設定がされていますので、安心して依頼出来ます。
タイミングによっては様々なサービスが受けられることがあります。
一般的な費用としては、ディーラーの場合で法定費用プラス4万円位から10万円位です。
民間業者で法定費用プラス2万円から8万円位です。
ガソリンスタンド等でも車検を受けている所があります。
様々な所と比較して決めることが出来ます。

次の記事へ

カテゴリー